取り扱い人名一覧:彫刻家 更新

取り扱い人名一覧;彫刻家 更新


高村光雲

1852-1934

江戸 生

工芸家・彫刻家

師 高村東雲

子 高村光太郎・豊周

東京美術学校名誉教授・東京彫工会

帝室芸技員


第1回内国勧業博覧会で最高賞を受賞し帝室技芸員に選出されるなど輝かしい経歴に包まれた一時代を代表する彫刻家。当初は仏師であったが、動物をモチーフにした物や用の彫刻に転身、シカゴ万博に出品した代表作「老猿」に見れるように超写実主義ともいえる作風で、伝統ある仏彫物師の技術を近代に受け渡した




高村光太郎

1883-1956

東京 生

文筆家・彫刻家・洋画家

父 高村光雲

弟 高村豊周


彫刻・絵画のほか詩人としても活躍した芸術家。晩年に帝国芸術院会員や日本芸術院第二部会員に推挙されたがいずれも辞退、美や技巧を求める以上に、人間の「道」を最期まで探求した。彫刻代表作に「光雲一周忌記念像」、「手」、「裸婦坐像」など、詩代表作に「智恵子抄」などがある。




高村晴雲

1893-1969

東京 生

彫刻家・工芸家

師 高村東雲・高村光雲


一生涯を仏像彫刻に専念し多くの寺院の仏像制作・保存に貢献、最も観音像を得意として「観音の晴雲」と世界的にも名を馳せた仏師。伝統の仏像彫刻の技法を受け継ぎ3代東雲を襲名するが自ら法眼初代晴雲を名乗った。




高村東雲

1826-1879

江戸 生

彫刻家・工芸家

師 高橋鳳雲


伝統的な仏像制作が衰退していくなか伝統を守り、後に帝室芸技員となる高村光雲などにその技術を継承させ一家を成した仏師。



高村豊周

1890-1972

東京 生

工芸家・歌人

父 高村光雲

兄 高村光太郎

師 津田信夫


国指定重要無形文化財(人間国宝)

日展理事・日本芸術院会員・東京美術学校教授・鋳金家協会会長

帝展特選 他 受賞多数


彫刻、鋳金技術を用いて既存の置物工芸などから抜け出た簡潔で斬新なフォルムを展開し、近代工芸の基盤を築いたとして1964年に人間国宝に指定された工芸家。帝展で三度にわたり特賞を受賞するなど受賞歴も輝かしく、帝展・新文展・日展の審査員としても活躍した。




圓鍔勝三

1906-2003

広島 生

彫刻家・工芸家

師 澤田政廣

日本芸術院会員・日展顧問・日本彫刻会理事・多摩美術大学名誉教授

文化功労者・文化勲章・日展特選 他 受賞多数


輝かしい受賞歴とともに日本彫刻界の要職を歴任するなど活躍した戦後の日本彫刻界を代表する彫刻家。様々な題材に挑戦し常に新たな表現を模索、生涯その制作意欲が枯れる事はなかったという。




北村西望

1884-1987

長崎 生

工芸家・彫刻家

文化勲章


彫刻研究会「八手会」結成後、様々な彫刻をを手懸け彫刻界の巨頭として活躍した彫刻家。また、書家としても独自の世界観を展開し、西望流ともいえる書風を展開した。代表作に「長崎平和記念像」など。


取り扱い人名一覧で彫刻家を更新致しました。山光堂では歴史にその名を残した人物の作品を探しております。美術品・骨董品の他、歴史にまつわる品なども買取致しておりますので宜しくお願い致します。また、買取方法につきましては買取案内をご参考下さいます様お願い致します。