取り扱い人名一覧:日本画家 更新

取り扱い人名一覧:日本画家 更新


下村観山

1873-1930

和歌山 生

日本画家

師 狩野芳崖・橋本雅邦・岡倉天心

帝室芸技員・東京美術学校教授

受賞多数


岡倉天心の薫陶を受け、横山大観・菱田春草らとともに新時代とも呼べる日本画を推進した近代を代表する日本画の巨匠。狩野派・大和絵・琳派のほか水墨画にも秀で、当代随一とも評される卓越した筆技により、伝統的な画風の解釈に新たな境地を開いた。また、日本美術院の創立・再興にも尽力し発展に貢献した。




杉浦俊香

1844-1931

駿河 生

日本画家・哲学者

オフィシエ・ド・アカデミー勲章・フィラデルフィア万博金賞 他 受賞多数


明治期に日本画を広く海外に紹介し、新時代とも呼べる日本画を推進に大きな功績を残した日本画家。独学で切り開いた画境により多くの人を惹き付け、独自の美術論を説き、画壇にも大きな影響を与えた。




鈴木華邨 

1860-1919 

江戸 生 

日本画家 

師 中島亨斎 

内国勧業博覧会花紋賞牌 他 受賞多数


花鳥山水画の名手として知られ、各種博覧会、共進会で受賞を重ね画壇で活躍した日本画家。容斎派・四条派・土佐派のほか浮世絵の要素を加えた独自の画法を立ち上げた。海外での受賞歴も輝かしく、欧州では北斎以来、もっとも知られた日本画家と称された。 




竹内栖鳳

1864-1942

京都 生

日本画家

師 幸野楳嶺

帝室技芸員・帝国美術院会員・文展審査員・京都絵画専門学校教授

文化勲章 他 受賞多数


西洋と日本の写実技法を取り混ぜた画風を展開、近代日本画の礎を築いた京都画壇を代表する日本画家。近代的な写実主義を追求し、得意であった動物画はその匂いまで描くと評された。また、自身の主宰した画塾からは日本画壇に名を残す多くの俊英を輩出した。




寺崎広業 

1866-1919 

秋田 生 

日本画家 

師 平福穂庵・菅原白龍

帝室技芸員


華やかな経歴を持ちながら幾度とない旅を続け「放浪の画家」と呼ばれた日本画家。第1回帝展から12回まで審査員を務め、日本美術協会などで活躍、狩野派・四条派・南画のほか各派の伝統技法を独自に研究し、格調高い作品を制作した。 




富岡鉄斎

1836-1924

京都 生

文人画家・儒学者

師 太田垣蓮月

帝国美術院会員・帝室芸技員


画壇を超越した画力と画風で「最後の文人」と呼ばれ国内外からいまなお高い評価を受けている文人画家。多彩な色彩を用いて大胆で抽象性の高い筆致を基本とした「鉄斎画」は当時として他に類をみらずジャンルを越えた多くの芸術家の評価を受けた。




野口小蘋

1847-1917 

大阪 生

日本画家・南画家

師 日根対山

帝室芸技員・日本南画院創立同人・華族女学校畫学嘱託教授

受賞多数


輝かしい受賞歴とともに一躍名を馳せ一流画家としての地位を確かなものとし、女性初の帝室技芸員にも就任、奥原晴湖とともに明治の女流南画家の双璧といわれた南画家。




菱田春草

1874-1911

長野 生

日本画家

師 結城正明・岡倉天心・橋本雅邦・川端玉章

日本美術院正員

文展二等賞 他 受賞多数


横山大観・下村観山・木村武山と共に橋本雅邦門下の四天王と呼ばれ、岡倉天心の薫陶を受け「朦朧体」と呼ばれる無線描法によって新時代とも呼ばれる日本画の革新を目指した日本画家。近代日本画中屈指の名作とされる作品を描くも満37歳の誕生日を目前にしてあまりにも早くその生涯を閉じる。




前田青邨

1885-1977

岐阜 生

日本画家

師 梶田半古・小林古径

帝国美術院会員・帝室技芸員・日本美術院同人

文化勲章 他 受賞多数


精密な描写により描かれた歴史画を得意とし文化勲章を授章した日本画家。画壇での活躍が評価され、その地位を確固としたものとし、歴史画だけでなく広い画題に取り組んだ。また、東京美術大学教授として後進の指導にも尽力を示した。




松本楓湖

1840-1923

常陸 生

日本画家

師 沖一峨・佐竹永海・菊池容斎

帝国美術院会員・文展審査員


歴史風俗・人物画を得意とし文展・帝展で活躍した日本画家。また、後進の育成にも貢献し、私塾の安雅堂画塾からは速水御舟や、今村紫紅、小茂田青樹など、次代の活躍者が多数輩出された。


取り扱い人名一覧で日本画家を更新致しました。山光堂では歴史にその名を残した人物の作品を探しております。美術品・骨董品の他、歴史にまつわる品なども買取致しておりますので宜しくお願い致します。また、買取方法につきましては買取案内をご参考下さいます様お願い致します。