貫名菘翁(海屋)

1778-1863

阿波 生

書家・文人画家

師 西宣行・矢野典博・中井竹山・矢上快雨

書画に長じて画では南画山水などに秀作を残し、書においては市河米庵・卷菱湖らと共に近代三筆の一人と評さる文人画家。近世第一の能書家とも称された。中国の碑版法帖を多数収蔵、鑑定にも長じる。唐碑や空海などの筆跡を研究。諸国を遊歴し多くの作品を残した。



沼波弄山

1718-1777

伊勢 生

陶芸家

萬古焼の創始者として名高い陶芸家。将軍家御成先御用及び御数寄屋御用を務めた。