道元

1200-1253

京都 生

禅僧

曹洞宗 開祖

座禅により悟りを開いた曹洞宗の開祖。徹底した現世主義者であり、今を生きる為に仏法があり日々の修行が悟りであると説いた。



藤堂高虎

1556-1630

近江 生

武将・大名

藤堂家宗家初代

伊予今治藩藩主

伊勢津藩初代藩主

築城技術においては名人と知られる武将。主君を11人も変えた事でも知られ己の力で大名にまでなった。特に家康は高虎の実力を評価し、徳川三代において厚い信任を受けた。



藤堂平助

1844-1867

江戸 生

武士

新撰組八番隊組長

天然理心流よりの古参の中では最年少であり新撰組八番隊組長を務めた武士。池田屋事件において最初に切り込むなどして活躍をみせ新撰組内でも中枢の一人に数えられるも伊東甲子太郎とともに御陵衛士(高台寺党)を結成すべく新選組を離脱、油小路事件において暗殺。戦闘の際には常に先陣を切ったことから、魁先生という異名をとり、沖田総司・永倉新八・斎藤一とともに近藤四天王と称された。



頭山満
1855-1944
福岡 生
国家主義者

大アジア主義・国家主義運動をはじめ数多くの運動を先導した玄洋社の総帥。東洋の巨人とも呼ばれ国の枠を超えたその広い人脈は歴史の黒幕と呼ぶに相応しいものである。辛亥革命に関与し、金玉均、孫文、ビハリ・ボースなどの亡命政治家を保護、つねに政界の裏面で日本の対外進出のために画策を続けた。



徳川家光

1604-1651

江戸 生

将軍

父 徳川秀忠

征夷大将軍

江戸幕府の3代将軍。参勤交代や鎖国体制を完成させ、明治維新まで続く幕府機構を確立した。これにより幕府の基盤は安定し、その後200数十年に及ぶ長期政権を樹立した。



徳川家康

1543-1616

三河 生

大名.武将.

征夷大将軍

戦国時代を事実上終わらせ江戸幕府を立ち上げた大名。徳川家康を題材にした作品は多く「三英傑」「海道一の弓取り」などとも呼ばれる。



徳川綱吉

1646-1709

江戸 生

将軍

父 徳川家光

征夷大将軍

江戸幕府の5代将軍。「生類憐れみの令」は後生に語り継がれる悪法としてあまりにも有名。忠臣蔵や水戸黄門など多くの作品に登場している。



徳川秀忠

1579-1632

遠江 生

武将

父 徳川家康

征夷大将軍

江戸幕府の2代将軍。大名の統制を強化し幕藩体制を確立。父 家康より受け継いだ政権の基礎を固め、家光に将軍職を譲った後も大御所として君臨した。



徳川光圀

1628-1701

水戸 生

大名

祖父 徳川家康

父 徳川頼房

常陸水戸藩2代藩主

水戸黄門と呼ばれ現在は多くの人に親しまれている。彰考館を設けて「大日本史」を編纂した。



徳川慶喜

1867-1868

江戸 生

将軍

父 徳川斉昭

征夷大将軍

江戸幕府の15代将軍。最後の将軍として大政奉還を行う。維新を題材とする多くの作品に登場している。



徳川吉宗

1684-1751

和歌山 生

将軍

父 徳川光貞

征夷大将軍

江戸幕府の8代将軍。享保の改革を行い破綻しかけていた幕府の財政を復興させた事から中興の祖と呼ばれる。また、御庭番・目安箱・町火消し組合・小石川養生所などを創設。名君として多くの作品に登場している。



徳富蘇峰
1863-1957
熊本 生
ジャーナリスト.歴史家.評論家.政治家.
弟 徳冨蘆花

国民新聞社を設立し「国民新聞」を発刊、平民主義を唱ったジャーナリストの巨頭。しかし、時勢とともに国家主義に傾倒し政治家に転身。藩閥と密接に提携した言論を展開、立場の変節は民衆に避難され国民新聞社は2度にわたり焼打ちをうける事となる。晩年は大正デモクラシーに危機感を深め、皇室中心主義を唱えた「近世日本国民史」を連載。太平洋戦争宣戦の詔勅を起草し大日本言論報国会会長に就任。文化勲章受章。終戦後はGHQにより公職追放処分を受けるも「近世日本国民史」の執筆を再開するなど活動した。



富岡鉄斎

1836-1924

京都 生

文人画家・儒学者

師 太田垣蓮月

帝国美術院会員・帝室芸技員

画壇を超越した画力と画風で「最後の文人」と呼ばれ国内外からいまなお高い評価を受けている文人画家。多彩な色彩を用いて大胆で抽象性の高い筆致を基本とした「鉄斎画」は当時として他に類をみらずジャンルを越えた多くの芸術家の評価を受けた。



富田渓仙

1879-1931

福岡 生

画家

師 都路華香

帝国美術院会員

新古美術展 一等賞 他 受賞多数

狩野派や四条派のほかキリスト教や老荘思想なども研究、仙崖、富岡鉄斎に傾倒する事により独自のスタイルを確立させ活躍した日本画家。文人画風の自由な表現と平安朝の仏画や大和絵の優雅で濃密な美感を総合し、近代的感覚にあふれる画風を開いたと評される。



富野由悠季

1941-現在

神奈川 生

アニメーション監督・演出家・脚本家

テレビアニメ界を草創期から支え、「機動戦士ガンダム」を手がけたアニメーション監督。声優の人選と演技指導に定評があり、富野節といわれた独特の台詞まわしや演出を確立した。



豊臣秀吉

1537-1598

尾張 生

武将

関白・太政大臣

百姓から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」とも呼ばれた戦国時代を代表する武将。「太閤」「天下人」「三英傑」とも呼ばれた。



鳥山明

1955-現在

愛知 生

漫画家

世界的大ヒットとなった「ドラゴンボール」の作者として有名な漫画家。その他、「Dr.スランプ」や「ドラゴンクエスト」のキャラクターデザインを手がけている。かわいらしいキャラクターが活躍する娯楽性の高い鳥山絵といわれる作風が特徴で、以降 多くの漫画家やデザイナーに大きな影響を与えた。